​令和4年度学校推薦型選抜

​資料請求や出願の詳細は金沢美術工芸大学のホームページをご覧ください。

​1.卒業後の資格

(1)本学を卒業する者には、学士(芸術)の学位が授与されます。

(2)教職に関する専門教育科目を履修し、美術科またはデザイン科を卒業した者には、中学校教諭1種免 許状(美術)、高等学校教諭1種免許状(美術)が与えられます。

(3)博物館に関する専門教育科目を履修し、本学を卒業した者には、学芸員となる資格が与えられます。

​2.募集人員

​5名(石川県枠2名)

​3.出願要件

1 出願資格 次のいずれかに該当する者とする。

(1)高等学校又は中等教育学校を令和4年3月卒業見込みの者(令和3年4月以降に卒業した者を含む。)

(2)外国において学校教育における12年の課程を令和4年3月31日までに修了見込みの者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの

(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定し、又は指定した在外教育施設の当該課程を令和4年3月31日までに修了見込みの者

※なお、石川県枠(2人)により受験する者の出願資格は、石川県に所在する高等学校を令和4年3月卒業見込みの者とする。
※(2)(3)により受験する者の出願資格は、令和3年4月1日以降に修了した者とする。

2 推薦要件 次のいずれにも該当し、 学校長が責任を持って推薦できる者とする。

(1)国語と外国語の成績が優れ、歴史の学習に関心が強いことが特に求められる。

(2)本学において、美学・美術史の調査・研究に熱意を持ち、多様な美術実技の修得に意欲があり、なおその上で芸術文化の教育普及に関心がある者

(3)学校長が、上記2の(1)(2)の本専攻が望む学生像に合致していると判断し、向学心、人物、能力、素質及び健康等について適性と認める者

(4)合格した場合、必ず本学に入学することを確約できる者 なお、1校から推薦できる人数は、2人までとする。

​4.選考方法

1 大学入学共通テストを免除する。

2 選考は、第1次選考及び第2次選考により行う。

 第1次選考は、推薦書、 調査書、志望の動機書を審査して合格者を決定する。
 第2次選考は、第1次選考の合格者に対して、小論文と面接によって合格者を決定する。 なお、面接においては、志望動
機、入学後の学習計画、小論文、デッサン作品(1点)等について口頭説明を求める。

​5.配点

第1次選考 : 200点
第2次選考 : 800点

​6.身体に障がいのある入学志願者との事前相談

  身体に障がい(学校教育法施行令第22条の3に定める程度)がある本学入学志願者で、受験上及び修学 上特別な配慮を必要とする者は、事前に事務局に相談し、出願前に事前相談申請書等を提出してください。 なお、事前相談は、次のとおりとします。

(1)相談の時期 :募集要項発表後から令和3年10月1日(金)まで 

(2)相談の方法 事前相談申請書(本学所定の様式に健康診断書等必要書類添付)を提出することとし、必要な場合は、本学において志願者又はその立場を代弁し得る在籍(出身)学校関係者等との面接等を行います。

 

​7.その他

・新型コロナウイルス感染症等の影響により、今後、内容を変更する場合があります。最新情報は学生募集要項及び本学ホームページを確認してください。